FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

「火星のタイム・スリップ」ディック

火星のタイム・スリップ
フィリップ・K・ディック
火星に移り住んだ人たちは水不足や物不足に
悩まされていた。地球からの援助はほとんど見込めない。。
水の利権を握っている火星の実力者アーニィは、
父親を亡くしたばかりの自閉症児を使って
過去の改変をもくろんだ。
気まじめな男ジャックとアーニィの人生が交差する。
ディックの不思議ストーリー。
火星のタイム・スリップ (ハヤカワ文庫 SF 396)
実は一回挫折した本です。
火星ごとタイム・スリップするのか、歴史改変ものは
あきたなぁと思ってヤメたのですが。。

読み始めたらこれが面白かった!
はじめは火星生活の苦難がクローズアップされ
(びんぼうでつらい話からスタートした。)
暗い雰因気でした。
でも主人公?のジャックはアーニィと出会うまでは
真面目でやさしい人物だったので好感度UPでした。

ジャックは腕のいい修理工、物が少ない火星では
古いものも何とか修理して使い倒します。
家にも中々帰れないが、息子の成長がたのしみな父親でもあります。

一方、アーニィは自分の子供も障害児なのに
自閉症の子供マンフレッドに時間をあやつる能力
あると信じ、金儲けの道具にしようとします。

時間の話も他に類がない、新鮮な話ですが
気になったのが、火星に元から住んでいた原住民のブリークマン。
謎が多く、宗教的?重要ですが登場場面が少なかったので
もっと描いて欲しかったです。
(ジャックは原住民にもやさしかった)
あと、書き込んで欲しかったのが、スクール(火星学校)のロボット
どうやら殆んど人がいないらしく、教育はロボット任せ!
”やさしいパパ”や偉人をモデルにした多様な機械たち。
これも凄く気になった点です。

いつもは火星へ有人飛行ってカッコイイと言っていますが
この本を読むと火星には住めないなぁと思ってしまいます[:汗:]

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 タイムトラベル 海外作家_フィリップ・K・ディック

 

コメント

非公開コメント

『火星のタイムスリップ』
ディックにしてはとっつきやすい……
という印象が残ってます。
最近の火星ものといえば、
ジェフリー・A・ランディスの『火星縦断』
遠征隊が火星で立ち往生する話です。
著者が現役のNASAの研究者ってふれこみだけで
ホントっぽく感じてしまいます。

こんにちは。
いつもありがとうございますm(__)m
>ジェフリー・A・ランディスの『火星縦断』
これまた、未読です。
火星がテーマの本って多いんですねー。
頑張ってさがします。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ