時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「敵の星」ポール・アンダースン

敵の星
ポール・アンダースン
人々はその手宙船をサザン・クロス号と名づけ
十字座の三重星アルファ・クルシスに向かって打ち上げた。
数ヵ月後、重力波伝送装置を備えつけた
この革命的な星間宇宙船は半光速に達し、やがて
長い静寂とともに四世紀半にわたる自由落下飛行に移った。
乗組員は伝送装置によって、一定期間ごとに交替で
瞬時に地球からサザン・クロス号へ送りこまれる
システムになっていた。(※裏表紙より)
敵の星
「敵の星」はテラ87さんにおすすめ頂きました!
ハヤカワの銀背なんで手に入らなく、図書館で借りました。

伝送装置で行き来するという画期的な機械が出来た
未来の話でワクワクしました。
特にディヴィッドの妻タマラに同情しました。
植民地に結婚したばかりの妻と移住しようとしていたのに
父親からムリヤリ"サザン・クロス号"の仕事を押し付けられ
それを断れない夫...。独裁的な義父こんな未来でも
嫁と舅の問題が残ってるんだと、恐ろしいです。

イヤイヤながら旅にでたディヴィッド・ライアスンは重力学者
宇宙飛行士にしたかった父の呪縛から逃げられなかった。
他には技術貴族(裕福な階級)のテランギ・マクラレン、
パイロットのセイイチ・ナカムラ、機関士のチャン、4人の乗り組員
が送り込まれた。

途中の黒色矮星で、その恐ろしいまでの磁場に捕まってしまい
帰ることが出来なくなった。
実は反乱分子がこの中に居るのですが、こうなってしまうと
皆が協力しはじめます。
地球に帰る努力をするところはホラーのようなサバイバルの
ようなとても緊迫感のある話でした。

この事件までに登場人物の過去などが紹介されており
ひとり、また一人と抜けていくさまが恐かったです。
テラ87さんのご指摘どおり「タイムパトロ?ル」という
印象が強かったアンダースンですが、こんなSFも書くんだなーと
関心しました。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_ポール・アンダースン

 

コメント

非公開コメント

再び、今晩は。
今日、ついにブラッドベリの『刺青の男』を読破しました。やったね!
ヒッチハイクをして一人旅をしている主人公は、ある町の近くで出会った男とともに、野宿することになりました。男の全身には、十八種類の見事な刺青が彫られており、男は夜になるとこの刺青が動き出すと言い、眠りにつきます。
男の刺青は、主人公の見守る中、本当に動き出しました。十八の刺青が語る、十八の物語とは?
ヴァーチャル・リアリティを予見した『草原』、大気圏に突入して流星となった男の話『万華鏡』、黒人と白人の立場が逆転した『形勢逆転』、宇宙飛行士を父に持つ少年の話『ロケット・マン』など、どれも魅力的な物語が収められています。さらにエピローグには、アッと驚く結末が待ち構えていました。
ブラッドベリの作品は、読者の期待を裏切りませんね、ホント。
では、お休みなさい。

>『刺青の男』
未読です。ブラッドベリは短編が上手いそうで...。
どちらかというと長編が好きな私は
なかなか読めていません。
積読がなくなったら挑戦したいです。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。