FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

「アイスクリン強し」畠中恵

アイスクリン強し
畠中恵
時は明治23年。
外国人居留地で育ち英語を巧みに話す
皆川真次郎は居留地近くで洋菓子屋をはじめた。
まだ予約販売しかやっていないが常連は巡査たち。
維新で禄を失った旗本の跡取がこぞって警官になった。
彼らは”若様組”と称し真次郎の店に
いろいろな謎を持ってやってくる。
お菓子に関するサブタイトルのついた連作集。
アイスクリン強し
真次郎も元士族、”若様組”(特に長瀬)とは旧知の仲で
彼らは洋菓子を食べに(事件の相談も)やってくる。
同じく幼なじみの小泉沙羅は洋菓子好きで
父は成金の小泉商会・社長。

『チョコレイト甘し』
なくなった藩のご落胤を探す小弥太は、元藩士たちに
殿から頂いた品を狙われていた。
そこで「寂しがり屋でお人よし」の真次郎の所に居候することになった。
(巡査たちに押し付けられたのです。)
沙羅の悩みやケータリングパーティの試練など
いろいろ有って面白かったです。
料理の上手い男性ってカッコイイと思ってしまいました(^_^)

『シュウクリーム危うし』
貧民窟でで人探しの長瀬、なぜか真次郎も付き合わされて...。
親分さんに士族の娘(今は身寄りがない)が何度も
泥棒に入られているという相談を受ける。

タヌキとキツネの化かし合いのような話です。
でも毎回出てくるお菓子がおいしそうで
読んでいると食べたくなる話したちです。

『アイスクリン強し』
新聞社に真次郎と若様組のネタを送った
ヤツは誰だ!真次郎に関しては根も葉もないウワサが
新聞に載った怒った長瀬は新聞社に乗り込む!

時代の背景を上手く使っているなーと思います。
犯人も意外なんですが、真次郎って女性にモテるんだ?
沙羅の嫉妬がカワイイです。

『ゼリーケーキ儚し』
沙羅に縁談が舞い込んだ
一方、若様組は前回”内職”を新聞にバラされ
金欠なのに警視に目をつけられコレラ病人の看護へ
長瀬は警視の頼みで人を探すことに...。

若様組みのピンチに真次郎も乗り出すが
コレラって名前だけでも恐いし、お金のない人は悲しいことに
なっていく。
沙羅の人生には転換期がやってきて嬉しそう。

『ワッフルス熱し』
若様組と真次郎の元にきた謎の手紙、
これを解読すると報奨がもらえるってことで
いつも金欠な長瀬たち挑んだ。

若様組の園田は暴走し
真次郎は沙羅への誕生日プレセントに悩む。
大円満なラストで満足でした。

急激に変わっていく日本の中で起きる事件と
個性的なキャラクターたち
大きな謎はないけど楽しく読みました。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 推理小説 国内作家_畠中恵

 

コメント

非公開コメント

たぬきさん>
この時代はまったく不勉強でしたが
面白かったです(^^)
畠中さんは現代物より昔の方が上手い気がします。
まなせさん>
>「懐古的洋食事情」
気になります。これも料理関係でしょうか。
>若様組の活躍
確かに。長瀬個人は頑張っていましたが
その他大勢がチョロチョロ登場という感じでした。

 「懐古的洋食事情」は料理をテーマにした短編コミック集です。同じ作者の「陽の末裔」という戦前戦中戦後の日本を舞台に、女性の生き方をテーマにした長編マンガがありますが、その脇役や関係者を主人公にした話です。西洋野菜が入ってきた頃の農家の話とか、今日もコロッケ明日もコロッケの話とか、金貸しの娘とアイスクリンの話とか。(女工哀史とか社会主義運動とか特高とか)本編が暗めの反動で、こちらはかなり明るめです。
 最近、2作合わせて文庫化されましたので、手に入れやすくなりました。

「懐古的洋食事情」はコミックだったんですね。
まなせさんの説明だけで
おなかが空きそうです(^^)
>最近、2作合わせて文庫化
ありがとうございます。探してみます。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ