時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「猫と狐と洗い熊」アンドレ・ノートン

猫と狐と洗い熊(CatsEye)
アンドレ・ノートン
牧場主の息子トロイ・ホーランは、銀河を二分する戦いの後
故郷と家族を失い流民(下級市民)として
日雇い労働で命をつないでいた。
ひょんなことから雇われたペットショップには
地球産の動物がたくさんおり、精神感応力(テレパシー)をもつ
動物もおりトロイに話し掛けてきた。
SFと動物ってとてもマッチしています。
日本ではそれほど評価されていないらしく未訳の作品が多い
(しかも入手困難本も多い)
アンドレ・ノートンの良さがバンバン出ている本だと思います。

一人になってしまったトロイは犯罪にも手を染めず
(故郷の知人は泥棒になったらしい)
貧しいながらも地道に働いています。
動物と相性がが良く懐くものいた為
ペットショップの店長に気に入られなんと正社員に!

動物たちと心を通わせられるようになったトロイは
彼らの助けを求めるテレパシーに応じて
行動しますが、そのことでトロイに精神感応力があることが
バレ大きな事件に巻き込まれます。

動物たちとトロイの友情がとても良かったです。
”洗い熊”なんかは始めからトロイを頼って懐いていたし..。
動物好きで味方なことはすぐに分かるのでしょうか?
きつねも自分から積極的に話し掛けてきたし
彼らとの心の交流が徐々にですが多くなり
最後の方では仲間として扱われるのがうれしかったです(^_^)

戦争の爪あと、陰謀、動物を大切にしないなど暗い面もありますが
素直なトロイ少年と動物たちの交流は
あたたかく、すがすがしい気持ちになりました。
動物好きなら誰もが思ったことのある
「動物と話せる能力」、とても羨ましいです。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
復刊ドットコム「猫と狐と洗い熊」
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_アンドレ・ノートン

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。