時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未踏惑星キー・ラーゴ」梶尾真治

未踏惑星キー・ラーゴ
梶尾真治
地球は人類であふれかえり、貧困と絶望が蔓延していた。
多くの人は地球を脱出し、新たな惑星を求めて旅立った。
惑星に人が住めるかどうか確認を行う人たちが
エリートの”惑星鑑定士
鑑定士が仕事中はその家族も保護・優遇される。
惑星鑑定士セイタロは妻子を亡くし死に場所を求めていた
偶然たどり着いた未知の惑星には一人の少女住んでいて。。
「未踏惑星キー・ラーゴ」梶尾真治
<惑星鑑定の三原則>
(1)人類が住居可能な環境を継続して持ち、急速な環境変化を
  おこさないと認められる惑星であること。また、人類の天敵、
  あるいは天敵となりうる可能性のある存在がないと認められること。
(2)移住開発コストが、より安くあがる惑星であること。
(3)知的生命体が存在しない惑星であること。あるいは知的生命体の
  進化する確率の高い生命体が存在しない惑星であること。
  先住知的生命体は尊重しなくてはならない。

この三原則パターンは初めてで面白く読ませていただきました♪

この作品の魅力はなんといっても、キー・ラーゴに住む者たちの
存在。ココで生まれた人間ウェンディとまん丸な生物たまご熊。
両方とも純粋でしかもかわいいです。
惑星キー・ラーゴに魅せられたセイタロは自殺を思いとどまり
未知の惑星で暮らす決心をします。
しかし、そうは簡単に物語りは進みません。
新たな惑星鑑定士が来てしまうのです!!そこでこの惑星鑑定の三原則
重要となってくるのです。

鑑定士のチーフであるマリオは(3)をやぶった前科のある悪いやつ。
つまり鑑定で貰う報酬目当てで知的生物を一掃した事がある。。
惑星を守りたいセイタロと攻防が見どころです。
また、ウェンディの両親が置いていったロボットたちが
人間くさくて、その言動が物語をさらに面白くしています。

梶尾さんは時間モノ小説もいいけどばりばりのSF小説も
素晴らしいですね?。読後もさわやかでした。

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 国内作家_梶尾真治

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。