時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「漆黒の魔性-破妖の剣 (1)」前田珠子

漆黒の魔性―破妖の剣 1
前田珠子
魔性を倒せる力を持つ伝説の剣”紅蓮姫”の
パートナーに選ばれてしまったラエスリールは
(妖魔を倒す機関)浮城の破妖剣士。
魔性にさらわれたガンディアの姫を救出するため
旅立つが...。ラエスリールには謎が多くあり。
久しぶりに、外伝が発売されて本編も連載される
ということで再読しました。
漆黒の魔性―破妖の剣 1 (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
イヤー、懐かしいです。始めに読み始めた時は
学生だったと思います。

ラエスリールことラスは、破妖剣士に選ばれたものの
物騒な剣”紅蓮姫”のせいで守り手が決まらず
2年もの間、仕事が出来ずにいた。

超美形が身近にいたせいで、成長しても自分の容姿や力に
引け目を感じているラスはちょっと卑屈に育ってしまった。
(某、赤い魔性くんが裏でいろいろ操作したせいでもある)

家族と縁がなく独りぼっちになってしまったラスを
拾ってくれたのが浮城の城長マンスラム、
恩返しの為にも初任務をやりとげようと張り切るラスだったが
姫をさらったのはショボイ妖魔ではなく、力の強い妖貴だった。

大めしぐらいの剣”紅蓮姫”とラスの攻防が楽しかったです。
妖魔の命が好物という剣はわがままで
強い妖魔の命が好物!でもそのために(剣に振り回されて)破妖剣士が
何人も死んでいるという、最強だけど不吉な剣なわけです。
そんな紅蓮姫を押しとどめるラスは苦労人です(TT)

ラスの押しかけ守り手・闇主はラスが大好きな様子。
彼にもラスにもいろいろ謎があるんですが
巻が進むごとに徐々に分かっていきます。
※守り手というのは通常、魔性(妖魔)がなります。
 コチラに寝返った魔性のことです。魔力で剣士たちをサポートします。

剣を使っての戦いが多く、ケガもたくさんなラスですが
1巻は少なくってほっとしました。

長いシリーズですが、ファンタジーとしての設定が良く出来ていて
しかも美形がいっぱい!&ラブストーリーや切ない話もある。
そしてアクション(剣と魔法)も満載です。
ラノベのレーベルの割にはいろいろな人が(たぶん男性も)
面白いと思うシリーズだと思います。
前田珠子さんの話では破妖の剣が一番好きですね。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)

漫画版、厦門潤さんのうるわしい絵が素敵です
破妖の剣―魔性降臨 (ユーコミックスデラックス)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_前田珠子

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。