時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無花果の実のなるころに」西條奈加

無花果の実のなるころに(お蔦さんの神楽坂日記)
西條奈加

神楽坂に住む、お蔦さんとその孫・望の
周辺で起こる謎や事件の短編ストーリィ。
お蔦さんが探偵役で望が情報収集役という
所でしょうか?
小さな謎から警察が関わる事件まで2人が解決します!
無花果の実のなるころに (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)
続きを読む
スポンサーサイト

tag : 読書 推理小説

「いつもが消えた日」西條奈加

いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)
西條奈加
祖母と二人暮らしの望は料理上手、友人たちと
同じ中学の後輩・有斗が夕飯を食べにきていた。
その日の有斗の家族は行方知れずになり
床には大量の血痕が...
親戚に引き取ってもらえなかった有斗は望の
家に住まわせてもらうことになる。
人情味あふれる神楽坂と事件のミスマッチが面白い。
いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)
続きを読む

tag : 読書 推理小説

人魚は空に還る」三木笙子

人魚は空に還る-帝都探偵絵図
三木笙子
時は明治、雑誌記者の里見高広は有名イラストレーターの
有村礼にホームズを訳して聞かせたところ推理小説
気に入ってしまい、礼からホームズ役を申し付けられる。
小さな謎から、大きな事件まで消極的ながらも
明晰な頭脳と人柄の良さで謎を解決していきます。
シリーズ第一弾!
人魚は空に還る (創元推理文庫)
続きを読む

tag : 読書 推理小説

「晴れた日は図書館へいこう」 緑川聖司

晴れた日は図書館へいこう
緑川聖司
主人公は小学生の女の子、インドア派で本が好き
図書館で働く(司書の)従妹がいるので
図書館に通い詰めています。
そんな読書好きのしおりが出会う日常の謎を
周りの人たちと一緒に(本にまつわる謎)解いていきます。
本を通して友達ができたりさらに親しくなったりと
ほのぼの系推理本です。ポプラ社のピュアフル文庫なので
殺人などの事件はなし!安心してお読みください。
晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)
続きを読む

tag : 読書

「アマンダの影」キャロル・オコンネル

アマンダの影-マロリー・シリーズ2
キャロル・オコンネル
あのマロリーが死体で発見された?
TVのニュースでも流された事件の速報は警察関係者を
動揺させた。マロリーの相棒ライカーが検視局にいくと
マロリーのジャケットを着た別人の遺体が待っていた。
被害者アマンダの部屋を病的に掃除して行った犯人は
誰なのか。犯行を見たのはアマンダの飼い猫だけ
氷の天使の捜査が始まる。
アマンダの影 (創元推理文庫)
続きを読む

tag : 読書 海外小説 推理小説 海外作家_キャロル・オコンネル

「死のオブジェ」 キャロル・オコンネル

死のオブジェ-マロリーシリーズ3
キャロル・オコンネル
画廊で芸術家が殺された。数年前にあった芸術家殺し
との関連を疑うニューヨーク市警のマロリーは、
養父マーコヴィッツが未解決と考えていた
過去の事件を再調査しはじめる。
しかし、FBIの介入や警察上層部の圧力で
捜査は難航。その後も殺人事件は起きる。
妨害や圧力がある中マロリーに真犯人は捕まえられるのか?
名言が多い作品で好きです。
死のオブジェ (創元推理文庫)
続きを読む

tag : 読書 海外小説 推理小説 海外作家_キャロル・オコンネル

「陪審員に死を」 キャロル・オコンネル

陪審員に死を-マロリー・シリーズ7
キャロル・オコンネル
捜査中に4発もの銃弾をあびたライカーは
休職中に弟のお掃除会社を任されていた。
相棒のマロリーはライカーを復職させるため
あの手この手の手を使って精神的にショックを受けた
ライカーを立ち直させようと
連続殺人事件に関わるように工作した。
事件の犯人は?マロリーの無償の愛情は
好きな人ができたライカーに通じるのか!?
陪審員に死を (創元推理文庫)
続きを読む

tag : 読書 海外小説 海外作家_キャロル・オコンネル 推理小説

「日暮らし(下)」宮部みゆき

日暮らし(下)
宮部みゆき

佐吉は葵殺しの犯人ではないと確信した
平四郎は真犯人を探すため
政五郎や弓之助の力を借りて捜査を始めます。
顔見知りで計画的な犯行ではない...。
葵を殺した犯人は湊屋の本妻・お藤なのか?
それとも別人なのか。
新装版 日暮らし(下) (講談社文庫)
続きを読む

tag : 読書 推理小説 国内作家_宮部みゆき

「ぼんくら(上)」宮部みゆき

ぼんくら(上)
宮部みゆき
鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺され、差配人の九兵衛が
(当初狙われるはずだった)責任を感じ失踪。
その後、地主の関係者で若い佐吉が差配人になるも
長屋は歯が抜けるように人が引っ越していった。
失踪事件もありこの現象に疑問を感じた
同心の井筒の旦那こと平四郎が動き始める。
江戸・深川を舞台にした時代ミステリー。
ぼんくら(上) (講談社文庫)
続きを読む

tag : 読書 推理小説 国内作家_宮部みゆき

「日暮らし(上)」宮部みゆき

日暮らし(上)
宮部みゆき
夏バテで参っている同心・平四郎の元に色々な
相談ごとが入ってきます。(職業柄事件のこともあります)
色々な人の助け(弓之助やおでこや政五郎)を借りて
悩みを解決していきます。
「ぼんくら」で出てきた葵も登場!人助けをしますが
その後、自分が被害者となってしまいます。
平四郎の知り合いが容疑者となってしまった事件に
どう決着が付くのか!?
新装版 日暮らし(上) (講談社文庫)
続きを読む

tag : 読書 推理小説 国内作家_宮部みゆき

 
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。