時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「封殺鬼 数え唄うたうもの」霜島ケイ

封殺鬼 数え唄うたうもの
霜島ケイ

陰陽師<本家>から解放された聖と弓生が
国内旅行から帰ってくると
三吾に弟子入りし陰陽師になりたいと
いい始めた。(主に聖が..)
そして、サークルの仲間が次々に亡くなり地蔵に
祟られているという依頼人も連れてきた。
封殺鬼 数え唄うたうもの (小学館ルルル文庫 し 2-13)
続きを読む
スポンサーサイト

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ 妖怪

「封殺鬼 クダンノ如シ (下)」霜島ケイ

封殺鬼 クダンノ如シ(下)
霜島ケイ
学院の塔に閉じこもっている穂積妙子の
正体が徐々に明らかになっていく
妙子と友達になった桐子は彼女の中に
眠るものを封じ込めようとするが...。
神島桐子編、とうとう完結!
桐子と志郎の恋にもとうとう決着が付きます。
残念ながら二人の鬼は存在感薄し。
封殺鬼 クダンノ如シ 下 (ルルル文庫)
続きを読む

tag : 読書 ライトノベル ファンタジー小説 妖怪 国内作家_霜島ケイ

「封殺鬼 クダンノ如シ(中)」霜島ケイ

封殺鬼 クダンノ如シ(中)
霜島ケイ
女学院生活を満喫する桐子だったが
ターゲットである妙子に好かれたり
京都からは見合いの釣り書が大漁に
送られたり..。
さらに、竹取の長・カグヤの意外な正体が
明らかになった。事件も恋愛も模索中!
封殺鬼 クダンノ如シ 中 (ルルル文庫)
続きを読む

tag : 読書 ライトノベル ファンタジー小説 妖怪 国内作家_霜島ケイ

「封殺鬼 クダンノ如シ(上)」霜島ケイ

封殺鬼 クダンノ如シ(上)
霜島ケイ
16歳になった神島家の当主・桐子は
たくさん降ってくる見合い話から
逃げるために志郎が住む東京の
学校に通うこととなった。
その学校は神職系の女子を集めている
学校で学園長は陸軍の中尉だった。
封殺鬼 クダンノ如シ 上 (ルルル文庫)
続きを読む

tag : 読書 ライトノベル ファンタジー小説 妖怪 国内作家_霜島ケイ

「鵺子ドリ鳴イタ(5)封殺鬼」霜島ケイ

鵺子ドリ鳴イタ(5)封殺鬼
霜島ケイ
「真術会」の大山の黒幕を引きずり出すために
軍部と手を組むことにした桐子、事態は急展開!
乙夜の正体もやっと分かります。
聖はこりずに暴れ、武見志郎もやっと桐子の
友達になる覚悟ができたよう(^_^)
大円満とはいえませんが、とりあえず決着が
ついた鵺子ドリの完結編です。
封殺鬼鵺子ドリ鳴イタ 5 (小学館ルルル文庫 し 2-8)
続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

「鵺子ドリ鳴イタ (4)封殺鬼」霜島ケイ

鵺子ドリ鳴イタ (4)封殺鬼
霜島ケイ
罠にはまってしまった聖。パニくる弓生。
魔王・乙夜と直接対決する桐子!
緊迫感イッパイの4冊目が登場です。
武見志郎が出てくるとちょっと話の流れが
変わります。
桐子と志郎の奇妙な友人関係も見所!



続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

「鵺子ドリ鳴イタ(3)封殺鬼」霜島ケイ

鵺子ドリ鳴イタ(3)封殺鬼
霜島ケイ
真術会が軍部と手を結び兵器として”人食い”を
作っていることを知った桐子は
武見志郎が味方になった(友達に)こともあり
真術会の懐に入り反撃を開始しようとした。
そして桐子を狙う青い眼の魔人(ゴンベさん)の正体も
徐々に明らかになっていく!
腹をくくってすこーし、だけ丸くなった桐子。
個性的な新キャラも登場します。
封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈3〉
続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

「封殺鬼-花闇を抱きしもの(下)」霜島ケイ

封殺鬼-花闇を抱きしもの(下)
霜島ケイ
呪詛の調査を続けるうちに、桐子の第一側近
狩野がおかしい事の気が付いた。
呪う相手が次々と殺されるなか、当主である桐子が
下した決断は!?
物語が急展開する「花闇を抱きしもの」第2弾。
封殺鬼花闇を抱きしもの 下 (3) (小学館ルルル文庫 し 2-4)
続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

「封殺鬼-花闇を抱きしもの(上)」霜島ケイ

封殺鬼-花闇を抱きしもの 上
霜島ケイ
時は大正十三年、関東大震災の翌年。
安倍晴明の直系、神島桐子が陰陽道をつかう
神島家の当主となったばかりの物語。
酒呑童子と雷電は鬼使いとなった10歳彼女を
大切に思っていたが、当主となって初めての仕事は
”呪詛”だった。しかも東京の本宅には当主の桐子が
知らないうちに軍人が出入りしている。
ことの成り行きにきな臭いものを感じ、桐子は調査を命じるが。。
封殺鬼―花闇を抱きしもの〈上〉 (ルルル文庫)
続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

「鵺子ドリ鳴イタ (2)封殺鬼」霜島ケイ

鵺子ドリ鳴イタ (2)封殺鬼
霜島ケイ
前回、東京の本家に攻撃してきた
後遺症で当主・桐子の身の回りの世話をしていたミキが
たおれ、あせりはじめる桐子。
一方、ノンビリした武見士郎のおかげで
敵の正体が見えはじめてきた。
ダキニと呼ばれる彼女もまだ14歳。。
鬼使い=桐子のエンジンはいつかかるのか?
封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ (2) (小学館ルルル文庫 (ルし2-2))
続きを読む

tag : 読書 ファンタジー小説 ライトノベル 国内作家_霜島ケイ

 
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。